hello, world!

写真で見る、私とデジタルカメラの進化と成長1996-2019

船橋屋の「元祖くず餅」。

f:id:justyle:20190114125036j:image

有名なお店だそうですが、初めて食べました。和菓子にしては箱がずっしりと重くて驚きます。

f:id:justyle:20190114125046j:image

船橋屋のウェブサイトを見たところ、JR東日本「おみやげグランプリ2018」で「総合グランプリ」を受賞していることを知りました。

こんなに重い箱をお土産に持って行っただけでも喜ばれそうです。

f:id:justyle:20190114125053j:image

箱を開けると、きな粉と黒蜜が目に飛び込んできます。特に黒蜜の容器がちょっと変わった形をしており、船の形をしています。お店のこだわりでしょうか。

黒蜜もきな粉もたっぷりあるので、足りなくなることはなさそうです。

f:id:justyle:20190114215244j:plain

くず餅の表面は手作りの寒天のようで、見た目はあまり美味しそうにみえません。それぞれ台形にカットされていますが、びっしりと入っているので、箱から取り出すのが一苦労。餅同士の表面がくっついているため、最後は手で取りました。

f:id:justyle:20190114125101j:image

餅は硬めで独特の歯ごたえがあります。わらび餅のように柔らかくはありません。昔ながらの素朴な味でカラダにもそさそう。

賞味期限はたったの2日しかなく日持ちしないため、注意が必要です。

くず餅 くずもち あんみつ みつ豆の元祖くず餅船橋屋公式サイト