ゆるゆるフォト

デジカメ歴24年。ゆるゆるフォトグラファー成長の記録1996-2020

SONY RX1にモバイルバッテリーで断続的に充電する技が有効だった。

f:id:justyle:20190120100147j:plain

千葉の小江戸「佐原(さわら)」へ行ってきました(その5)です。

今回のシリーズ(その1~5)はすべてSONY RX1で撮影。

f:id:justyle:20190120100148j:plain

カメラの操作性には難ありですが、蔵などの暗い室内、明暗差が激しい場面でもホントによく撮れてます。

RX1の操作性については以下の記事でも少し書いています。

mydigitalphoto.hatenablog.com

 

 

f:id:justyle:20190120100208j:plain

自宅のPC画面で確認するたびに、ここまで撮れたかと思うことが多々あります。

そんな、SONY RX1の欠点の1つはバッテリーのもち。

予備バッテリーは持参しましたが、1~2時間ほど電源をオンオフしながら撮影し続けていると、バッテリー残量ゼロの警告マークが表示されます。

f:id:justyle:20190120100207j:plain

いつもなら、予備バッテリーに交換するところですが、2本目も使い切ってしまいそうな勢いでしたので、モバイルバッテリーから直接ケーブルで充電しながら撮影を続けてみることにしました。

f:id:justyle:20190120100210j:plain

といっても、撮影と充電は同時にできません。

ジャケットの内ポケットにモバイルバッテリーを忍ばせ、ケーブルを伸ばしてRX1の本体につなげます。

f:id:justyle:20190120100214j:plain

RX1本体の電源をオフにしている時は、充電ランプが点灯し充電が始まります。

撮影のためにRX1の電源を入れると、充電ランプが消えます。再び電源をオフにしても充電状態にはならず、モバイルバッテリー本体のボタンを押さなければなりません。ここがちょっと面倒です。

f:id:justyle:20190120100215j:plain

また、撮影アングルによっては、いちいちケーブルを外す必要があるため、ケーブルの脱着も面倒です。

f:id:justyle:20190120100159j:plain

それでも、この小間切れ時間による充電で、予想以上に早くバッテリーマークは満充電の状態に。感覚としては、トータルで20-30分程度でしょうか。

恐らく、実際には満充電にはなっていないと思います。

f:id:justyle:20190120100225j:plain

その後も無事撮影し続けることができ、約300枚程度をバッテリー1本で撮影することができました。

このやり方だと、常に満充電のバッテリーが1本あるという状態を作り出せるので、長時間撮影の際は今後も使えるテクニックだと思いました。