ゆるゆるフォト

デジカメ歴24年。ゆるゆるフォトグラファー成長の記録1996-2020

iPhone 11 Proで超広角写真を試し撮り。

f:id:justyle:20191006000324j:plain

iPhone Xから2年ぶりにスマホを買い替えました。

大きな理由はカメラの進化です。iPhone 11 Proからレンズは3つになりました。

家族に内緒でこっそりと同じ色で機種変更したのですが、写真を撮ろうとしてスグにバレました(笑)

それはさておき、ご覧の通り超広角写真が撮れます。これまでのiPhoneでは撮れなかった絵が取れるのはとても新鮮な体験です。

室内等で、もう少し広いエリアを写したいと思ったことはこれまで何度かあったので、スマホで広く撮影できるというのはとても助かります。

f:id:justyle:20191006000317j:plain

ちなみに、iPhone 11 Pro/Pro Maxのカメラ仕様は以下の通りです(Apple のサイトより)。

トリプル12MPカメラ(超広角、広角、望遠)
超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.0絞り値
2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、最大10倍のデジタルズーム
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
デュアル光学式手ぶれ補正(広角、望遠)
5枚構成のレンズ(超広角)、6枚構成のレンズ(広角、望遠)
より明るいTrue Toneフラッシュとスローシンクロ
パノラマ(最大63MP)
100% Focus Pixels(広角)
ナイトモード
自動調整
次世代のスマートHDR(写真)
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
高度な赤目修正
写真へのジオタグ添付
自動手ぶれ補正
バーストモード
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG

f:id:justyle:20191006000311j:plain

仕様をじっくり見て気づいたのですが、デュアル光学式手ぶれ補正は、広角と望遠のみなんですね。

まだそれほど撮影していませんが、慣れないと使いこなすのが難しい画角という印象です。あと、被写体が思いっきり斜めになったりするのがちょっと気持ち悪いです。

以下は縦に撮影した写真たち。ブログだと縦写真は迫力がありますね。

f:id:justyle:20191006000330j:plain

f:id:justyle:20191006000337j:plain

f:id:justyle:20191006000343j:plain