ゆるゆるフォト

デジカメ歴24年。ゆるゆるフォトグラファー成長の記録1996-2020

どこでもホカホカご飯が食べられる「おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器」を試してみた。

f:id:justyle:20200208203508j:plain

発売された時から気になっていたサンコーの「おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器」。

今夜は自宅で留守番、ひとり飯ということだったので思わず買って帰りました。

本体自体はネットで見て記憶に残っていた印象よりもやや大きいといった感じです。

これで、お米が0.5合だと、たったの14分で炊き上がるのですが、蒸らし時間は含まないので要注意です。1合だと19分半。

f:id:justyle:20200208203513j:plain

商品名の通り、まるでお弁当箱のようなデザインが素敵です。

ただ、メーカーのブランドイメージから受ける印象なのか、どことなくPC周辺機器っぽさがあります。細かいところをみるとチープさがあり、耐久性も気になるところです。

いちおうこれでも炊飯器なので、重量は840gもあります。会社で食べることを想定していた方は、この重さは気になるかもしれません。

その場合は会社に置きっぱなしがよいでしょう。

f:id:justyle:20200208203526j:plain

今回はいつものお米(コシヒカリ)を使ったのですが、お米を研いで本炊飯器に入れるまでの工程が大変面倒です。手軽にご飯が炊ける良さが失われてしまうので、出先で使う際は、無洗米がお勧め。

研いだお米と水を入れて蓋をしっかりと閉めたら、電源ケーブルを本体とコンセントにつなげてケーブルの途中にあるスイッチをONにするだけです。

他にボタン類はいっさいなく、非常にシンプルな設計となっています。

本体に水を入れる際、本体内側にある水位目盛りがやや見づらく、改善ポイントだと思いました。

また、本体に電源ケーブルを差す部分にはゴム状の蓋があるのですが、防水仕様ではないため、食事後、本体をしばらく水の中に浸しておくような洗い方はできません。さらに、本体の蓋は3つのパーツに分けて洗う必要があり、やや面倒くさい。食事後の工程についても改善の余地がありそうです。

f:id:justyle:20200208203745j:plain

炊飯中はランプが赤く光り、炊き上がると緑色に変わります。家庭以外での使用も想定しているためか、炊き上がりをお知らせするメロディー音はありません。手元で確認できるように、スマホなどでタイマーをセットしておくとよいでしょう。

炊飯中はたいへん静かで、ご飯が炊けた匂いもほとんどしません。一般的なオフィスなら問題なく使えると思いました。

f:id:justyle:20200208203549j:plain

炊き上がった後に本体をみると、写真のように本体中央あたりから、水漏れがありました(反対側も)。置き場所には気を付けましょう。

f:id:justyle:20200208203555j:plain

炊き上がり直後は、やや水が多かったかなと思うくらいべちゃべちゃしていたのですが、箸で混ぜているうちに、気にならなくなりました。

f:id:justyle:20200208203602j:plain

せっかくなので「たまごかけご飯」と「おかか醤油ご飯」のハーフ&ハーフにしてみました。

いつも使っている炊飯器で炊いた場合との違いはよく分からず、美味しくいただきました。(電源ケーブルを抜いた状態でも)炊飯器本体がしばらくホカホカしているので、最後まで温かいご飯を食べられます。これはポイント高い!

サンコー お一人様用 ハンディ炊飯器 MINIRCE2

サンコー お一人様用 ハンディ炊飯器 MINIRCE2

  • 発売日: 2017/09/11
  • メディア: Personal Computers