ゆるゆるフォト

デジカメ歴24年。ゆるゆるフォトグラファー成長の記録1996-2020

【初めてのモニターヘッドホン】青帯と呼ばれる「SONY MDR-7506」をチョイスした理由。

f:id:justyle:20200719085659j:plain

以下の記事にも書いたとおり最近ヘッドホンを買ったばかりですが、モニターヘッドホンなるものを購入しました。

mydigitalphoto.hatenablog.com

f:id:justyle:20200719085653j:plain

買った理由は、とあるYouTubeをたまたまみて、DTMをやりたくなったから。

DTMとは、Desk Top Music(デスクトップミュージック)の略で、パソコンで音楽を制作編集する音楽制作行為の総称です。

たとえ楽器が弾けなかったとしても、DAW(Digital Audio Workstation)と呼ばれるソフトウェアを使うことで自宅にいながら一人でも音楽が作れます。音楽制作は昔から一度はやってみたいと思っていたんですよね。

f:id:justyle:20200719085745j:plain

音楽制作はまったくの初心者なので、色々調べているうちに「モニターヘッドホン」なるものが存在することが分かりました。言われてみれば過去に聞いたことがあるような気もします。

ミュージシャンがレコーディングスタジオで歌っているときに使っているヘッドホンと言えば、誰もがテレビやミュージッククリップなどで一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

f:id:justyle:20200719085731j:plain

今回買ったのは、SONYのモニターヘッドホン「SONY MDR-7506」です。ヘッドバンド部分にも「STUDIO MONITOR」と書かれています。プロっぽいですね。

私たちが普通に買うヘッドホンは「リスニングヘッドホン」と呼ばれ、音楽鑑賞に適しており、聞き心地が重視されます。一方で、モニターヘッドホンは、原音を忠実に再現する目的で作られているのだそうです。

f:id:justyle:20200719085804j:plain

いくつかのサイトやYouTubeを見たところ、一番のおすすめは同じくSONYの「MDR-CD900ST」であることが分かりました。これは通称「赤帯」と呼ばれているらしく、耳のところに赤いシールで「for DIGITAL」と書かれています。

この「MDR-CD900ST」は、とあるサイトの「モニターヘッドホン」ランキングでも1位となっており、国内の多くのレコーディングスタジオで使用されているとか。まさにプロ御用達のヘッドホンなんですね。

SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST
 

ちなみに価格は1万円台後半となっており、プロ用にしては意外に安いと思いませんか。 

f:id:justyle:20200719085718j:plain

さらに調べてみると、海外のレコーディングスタジオでは、今回購入した「MDR-7506」の方がよく使われているそうです。

冒頭の写真のとおり「Professional」と書かれた青いシールが貼られており、通称「青帯」と呼ばれています。

どちらも性能的には似たようなものらしく、レコーディングスタジオでプロが使っているならば、初心者の私はどちらを買っても後悔することはないでしょう。

f:id:justyle:20200719085738j:plain

「赤帯」も「青帯」も元は同じような価格のようですが、調べてみると「青帯」の方が安く買えることが分かりました。

機能的な違いとしては、「赤帯」はストレートコード、「青帯」はカールコードとなっています。

f:id:justyle:20200719085712j:plain

昔の電話機のようですが、かなり柔らかく作られており伸び縮もしやすいので、取り回しは楽です。伸ばすと3mまで伸びるようです。

また、「赤帯」は標準プラグだけなのに対し、「青帯」はミニジャックと、それをステレオ標準に変換するプラグまでついているので使い勝手もよいと思います。

f:id:justyle:20200719085705j:plain

さらに「青帯」は折りたためるのでコンパクトに持ち運べます。持ち運んで使う予定はありませんが、個人的にはコンパクトに収納できる方がいいと思いました。

f:id:justyle:20200719085817j:plain

持ち運び用にSONYのロゴ入りの収納袋も付いていました。内側は傷がつきにくい素材になっているので、カメラの交換レンズを持ち歩くときに使えそうです。

f:id:justyle:20200719085758j:plain

サイズ調整は、上の写真のように1~11段階まで調整可能で、引っ張りながら伸ばすときに「カチカチ」という音がするのが気持ちいいです。

f:id:justyle:20200719085823j:plain

業務用ということなのか、本商品はシンプルな白い箱に入っています。SONY製品を新品で買うのは久しぶりですが、これは意外でした。

f:id:justyle:20200719085810j:plain

試しに手持ちの音楽やYouTubeなどを、先日購入したヘッドホンと聞き比べてみました。確かに違いもあり音もいい気がしますが、その違いを言語化する能力が自分にはありません。

音楽制作も初心者の思い付きのため、まだまだ手探りで情報収集中。どこまで本当にやるか自分でも分かりません。

それでも今回は、音楽制作以前に、原音を忠実に再現するプロ向けのヘッドホンで手持ちの音楽を聴いてみたいと思ったのです。完全にカタチから入っているので、プロ用機材を使っているという安心感と気分がよければそれでいいと思ってます。

ここまできたらもう少し機材をそろえたいと考えています。仮に音楽制作を途中で断念したとしても、音楽を聴いたりオンライン会議などでも使えますしね。

SONY ステレオヘッドホン MDR-7506

SONY ステレオヘッドホン MDR-7506

  • メディア: エレクトロニクス
 
SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST