ゆるゆるフォト

デジカメ歴24年。ゆるゆるフォトグラファー成長の記録1996-2020

お風呂上りも快適!「珪藻土バスマット」にソフトタイプが出ていたので試しに買ってみました。

f:id:justyle:20201122113701j:plain

以前から気になっていた珪藻土のバスマットにソフトタイプが出ていることを知り、Amazonのタイムセールで安かったので買ってみました。

従来の珪藻土バスマットには以下のような欠点があるらしく、ずっと購入できずにいたのです。

  • 割れやすい
  • 足裏に粉が付く 

f:id:justyle:20201122113709j:plain

今回購入したソフトタイプは、珪藻土が粉状になっており、保護カバーで覆われているため上記の欠点が克服されているというのがウリです。

保護カバーはライトグレーとダークグレーの2色が付属し、汚れたら交換して洗うことができます。

f:id:justyle:20201122113716j:plain

珪藻土が入った袋は空気が抜かれた状態で圧縮されておりカチカチのかたまりでしたが、袋から取り出すと砂袋のようにフニャフニャになります。

f:id:justyle:20201122113723j:plain

まるで片栗粉が入っているかのような感触です。

f:id:justyle:20201122113731j:plain

珪藻土を平らに伸ばすとこんな感じになります。ちょっと厚めのバスマットのようですね。

f:id:justyle:20201122113738j:plain

しかしながら、カバーをつけると完全に「まくら」です(笑)

f:id:justyle:20201122113745j:plain

厚みと縦横サイズのバランス的にも「まくら」っぽいのだと思います。

実際に風呂上りに使ってみると、確かに「まくら」を踏んでいるようです。家族からも「まくらを踏んでいるようでちょっと罪悪感を感じる」という意見もでていました。慣れの問題かもしれません。

f:id:justyle:20201122120746j:plain

肝心の吸水性については今のところ問題なく「まくら」の上で数回足踏みすれば、足元の水分を完全に吸い取ってくれるので、サラサラになります。

家族みんなで使った後は、ぺちゃんこになり固まったように見えますが、手で持ち上げるとすぐに砂袋っぽくなるので、再びカタチを整えて敷き直せば柔らかさが元に戻ります。

Amazonの商品ページにも、

  • 硬くなった場合は、乾燥後にこすったり揉んだりすることによって回復させることが可能
  • 定期的に乾燥した換気の良い場所に置くと、吸水率を回復できる

と書かれています。

あと気になるのは耐久性ですね。保護カバーは2枚ついているので、すぐにダメになることはなさそうですし、片側が汚れたりしても両面使えます。

ちなみにサイズは、約52cm(横)×32cm(縦)×2cm(厚)です。

製品紹介で使われているイメージ写真をみるとバスマット感がありますが、購入の際は寸法をよくご確認ください。