ゆるゆるフォト

デジカメ歴25年。ゆるゆるフォトグラファー成長の記録1996-2021

【巣ごもリッチ】在宅ワークの水分補給に無印良品の「自分で詰める水のボトル」がお気に入り。

f:id:justyle:20210327233706j:plain

仕事が在宅ワークになってから、何故かすぐにのどが渇くようになりました。そのため仕事用のデスクに水が欠かせません。

以前は、ペットボトルの麦茶(500ml~600ml)などを買ってきて、飲み終えた後の空きペットボトルに自家製の麦茶を入れて毎日飲んでいました。ペットボトルは1~2週間使って、また新しいものに変えるスタイルです。

一方で、子供たちに加えて、パパが飲むようになったため、麦茶を作る手間が増えました。

f:id:justyle:20210327233715j:plain

そんなこともあり、「ポット型浄水器BRITA」を導入し、パパが飲む分の麦茶は水に変えました。

以下の記事でもご紹介していますが「ポット型浄水器BRITA」は、昨年買ったモノの中で生活を大きく変えた商品の一つです。 

mydigitalphoto.hatenablog.com

その後、容器については、(妻が買って来てくれた)ステンレスボトルを試した時も一時期あったのですが、私には合いませんでした。その理由は以下の3点です。

  • なんとなく不透明なボトルで水を飲む気がしない
  • ステンレスの口当たりがやや気になる
  • 残量が見えない、飲み口が大きいので、傾けた時に水が出過ぎて口からあふれることがある

f:id:justyle:20210327233722j:plain

キーボードやiPadなどの精密機器が置いてある仕事場で使うことを考えると、3点目の理由は見過ごせません。

結局、ペットボトルを使いまわす生活に戻ってしまいました。

mydigitalphoto.hatenablog.com

そんな時、とある記事でたまたま知ったのが、無印良品の「自分で詰める水のボトル」です。

www.muji.com

これはよさそう!と今までにない形状のプラスチックボトルに一目惚れ。ウォーキングやサイクリングに使っている無印良品の「撥水サコッシュ」にも無理なく収まりそうだと思って購入しました。

撥水 サコッシュ 黒 | 通販 | 無印良品

f:id:justyle:20210327233729j:plain

とてもモバイル性の高いプラスチックボトルなのですが、容量が330mlしかないのが気になり、在宅ワーク用に2個買いました。

実際に使ってみると、2個セットは大正解。まるでウィスキーでもチビチビ飲んでいるかのようなボトル形状が手にフィットして気分が上がります。飲み口は普通のペットボトルよりも大きいので洗いやすく、容器自体も通常のペットボトルよりも丈夫にできているため、長く使えそうです。

無印良品では、給水器設置店を増やしているようなので、お近くに無印良品があればお店で美味しい水がゲットできますね。